ごんたの散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 「武曲」藤沢 周(文春文庫)

<<   作成日時 : 2017/06/05 23:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

「武曲」藤沢 周 著(文春文庫)を読みました。
映画も公開されましたが、こちらはまだ見ていません。
綾野剛が主演だそうです。どなたか、感想をお願いします。
画像

書評はこちらhttp://hon.bunshun.jp/articles/-/931

武曲とは北斗七星の柄の部分、一番下のアルカイドから二番目の星。ミザールと呼ばれている星の名前。
小説の中にたびたび登場する北斗七星を見る場面から、取られていると思われます。
高校2年生、羽田 融が剣道に打ち込む姿を軸に、剣道部のコーチ、矢田部研吾の生きざまを伏線にして、春から夏にかけての物語だ。
作者が紡ぎ、綴られる言葉は、情景描写が煌びやかであり、心情の描写も、豊富な語彙を駆使して詳らかだ。
どうしてこんな描写ができるのだろうと、思わせる。言葉巧み、否、言葉の匠なのだろうと思う。たとえばこんな感じ。剣道場の描写。「半眼越しに見える道場の床には、赤味を濃くした夕日の光が斜めに入って、平行四辺形に歪んだ血溜まりが反射しているようにも見える。泡立って聞こえるアブラゼミの声の向こうに、建總寺から昏鐘を撞く響きのいい音が届いてもきた。」と、言うような。鎌倉が舞台なので「建長寺」をモデルにしたのでしょうか。
でも、主人公は高校二年生の男子。ラップが好きな今時の17歳だ。ヒルクライムが出てきたり、ロックのルーリードが出てきたり、「…じゃね?」って言う、若者。難解な、硬派な言葉と対極をなす軟らかな若者言葉。時代がかった言葉と現在の軟弱な言葉の融合。違和感はないです。そして、剣道の奥深さも感じさせる小説です。
時間があれば映画も観たいものです。原作もどうぞ読んでください。

本日のごんた。
画像

もう一枚。公園にて。白樺の新緑が鮮やか。「俺、かっこいいっしょ。」
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「武曲」藤沢 周(文春文庫) ごんたの散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる